5月13日午後11時40分。

ジャズドラマーの日野元彦さんが、肝不全で

亡くなられました。

最後に演奏したのは、1月18日のアルフィ

ーでした。 その時、トコさんはバイオリン

の寺井尚子さんの、CD発売記念のコンサー

ト中でしたが、調子が悪かったらしいので、

(次の日から旅に出る様だった)「DUOでや

るのでトコさんは、休んで下さい」と容子

さんに言っておきましたが、

2セットめの最後の3曲を叩いてくれました。

終ってから「大丈夫ですか?」と聞くと「胃が痛くて、寝ていると下から胃酸

が、こみ上げてくる感じがして、夜も眠れない」と言っていました。

そして「明日病院に行って、検査する」と言いすぐに帰りました。

その後すぐ入院してしまい、旅の方は村上寛さんがトラ(エキストラ)で行きま

した。 2月に病院にお見舞に行き、メーザーハウスでも一度会いました。

2月の初めに「もう手術はしないでドラムを叩かせた方がいい」という事にな

って、トコさんは自分のCD発売のライブをやり、タップまで踏んだそうです

凄い精神力だと思います。

その頃病状は早ければ3ヶ月もって半年と言われていました。

その後4月にはメーザーハウスに2回ほどレッスンに来たそうです

(新入生のために)

僕は4月・5月と旅やレコーデイングが4件あって、病院に行けませんでした

5月11日はアルフィーで米木さんとDUOでした。お客さんは6〜7人しか

いなかったのですが、ドラムセットがセッティングされていて、ライトアップ

され、それがすごく生々しかったです。

米木さんと二人でギャラの一部をトコさんに渡そうと力武君に封筒を渡しまし

た、かおりちゃんに「トコさんどう?」と聞くと「今日から面会謝絶です、

一睡もできない日が続いています」と言われました。

その2日後でした、僕は土岐さん、米木さんと古河のアップスで演奏していた

終ったのが、夜の11時30分過ぎでした、演奏が終るまで待っていてくれた

気がします。


トコさんと演奏し始めたのは10年くらい前で、その頃僕は松山千

春さんのレコーディングやコンサートを全部やめて、ソウルやブル

ースなどのセッションも、つまらないなぁ〜と思っていた頃でした

土岐さんが「アルフィーでジャズのセッションをやろう!」と言っ

てくれて、それで、容子さんとトコさんが見に来たのです。

僕もそろそろちゃんとJAZZをやろうと思っていました。

それから、ずっとジャズ・ピアニストとしての生活が始まりました。

先ず、トコさんと紅介さんに、伊藤君子さんのBandをやってみないか?

と言われました。

その後、村上寛、向井滋春、鈴木良雄、大野俊三、中本マリ、ケイコ・リー、

チャリート、日野皓正、渡辺貞夫の皆さんとも何度か仕事をしました。

トコさんに会っていきなり日本のジャズ界のトップの人達とばかりと演奏する

様になりました。


録音のほうは、CDを4枚、トコさんと作りました。

土岐さんの「The Good Life」の"My Funny Valentine"でのピアノソロの後半

広がっていくところで、プレイバックを聴きながら、

トコさんが「ここでいいよ!」と言ってくれたのが、すごく嬉しかったです。

トコさんのアルバム「HIP BONE」/ セイリングストーンというバンドで、

僕はハモンドオルガンを弾いています。

僕とトコさんでバンドのサウンドをささえていました。

リズムはファンクなのですが、トコさんは「中身はJAZZだ!!」

と言っていたのが印象的でした。

坂井紅介の「TRIP」のトコさんも強力でした、録音であんなに、ぶったたく

とは思っていませんでした(特に"TRIP")。そして僕の「TEARS RAINED DOWN」

どれもいいCDです。


トコさんは「大石の事は、日野ファミリーの

一人だと思っている、こうした方がいいと思っ

た事はかぐに言うから、俺にも何かあったら、

すぐ言ってくれ」「一緒にやる事が少ない時で

も、大石どうしているかなぁ〜とか、今度アル

フィーで聴いてみようとか、思っているから」

旅先とか休憩中でも、こうしたら良いとか、あれはイモだとか、よく言われま

した。「俺も血の気が多い方だけど大石は俺以上だから...というのが口癖

でした。

僕も何だかんだ言われると、口惜しいので、次のステージとか、次の日ではそ

のことをクリアーしていきました。

その度に、ドラムの隙間や、後ろにのけぞって笑顔で「イエー!」と言ってくれ

たのが、すごく嬉しかったです。

「ジャズ・ミュージシャンは、一生勉強してしんでいくんだ」とも行っていま

した、今年に入って、何度もトコさんが夢に出てきました。

今までトコさんに言われた事を一つづつ思い出して、

これから先も演奏をしていこうと思います。



長々と書いてしまいました、自分の事もたくさん書きたかったのですが、

今月末には書こうと思います。(イースト・バウンス、城戸夕果、神谷えり、

CM〜のレコーディングの話)


また、見て下さい。 それでは。

大石 学

Back Number Vol.1 Vol.2 Vol.3 Vol.4 Vol.5 Vol.6 Vol.7

戻る